岩手県 県議会議員 柳村岩見公式WEBサイト

自民党

信条・指針

私の信条

 いつの時代に生きる国民・県民も生きることに夢と希望が必要であります。
 その第一歩として生活の安定が願われるところでありますが、経済的立脚や自己完結環境も含まれます。
 社会はいつも止まることがなく、良くなるエネルギーと悪くなるエネルギーが働き合い動いております。
 政治はその悪くなるエネルギーを抑制し、良くなるエネルギーを促進することと存じます。
 基本的にいつも人間社会の中に有する課題と、その時々おこる課題解決の為、勉強を怠らず、精神誠意臨むことを信条と致します。

平成25年9月第19回滝沢山車まつりで平成25年9月第19回滝沢山車まつりで
平成23年第4期目挑戦県議選挙で平成23年第4期目挑戦県議選挙で
岩手山

熱き心で…次のことをめざします!

県政課題への取組みをしっかりやります。

  • 東日本大震災津波からの復興においてもそれぞれの過程において新たに課題が発生しますし、従来からの課題についても先を見通した議論とともにしっかり取組みます。

滝沢市・雫石町の地域課題解決に努めます。

  • 滝沢市・雫石町における課題の理解を深め、解決に努めるとともに、特に市制に移行した滝沢市の将来に思いをめぐらし滝沢市の持つポテンシャルを活かした、有るべき姿を追い続けます。

教育環境の整備に努めます。

  • 就学教育・義務教育・高等教育環境を備えることは、大人の義務です。より良い環境で子供達が学べるよう教育環境整備に努めます。

子育て支援の充実に努力します。

  • 働きながら子育てできる社会を目指すことは、現代社会において大変重要なことであります。諸制度の充実とともに、そうした意識の醸成に努力します。

農業の振興に努めます。

  • 農業は人間が生きていく上で、農作物の面からも環境の面からも、欠くことのできないものです。しかし、農業にもっとも適した国と言われる日本農業、岩手の農業が大苦戦しております。なぜなのか大いに考える必要があります。研究を深めるとともに、将来を展望し、できることから施策に移して行く努力をいたします。

商工業振興・雇用の場の確保に取組みます。

  • 商工業が抱える課題に取組むなかで、県都盛岡の近郊である滝沢市は盛岡市への消費の流出、雇用の流出があると思います。滝沢市内での消費拡大の方向性、企業誘致による雇用の場の確保は市内人口の流出を防ぐ上からも重要課題であります。豊富な人材、良好な土地、交通アクセス等をポテンシャルに商工業振興に努力します。

スポーツと文化の振興に努めます。

  • スポーツ、文化は人間にとって生きる上での栄養やビタミンに当たるもの、人間存在に欠かすことのできないものと考えます。生涯スポーツに関わり競技場整備に努めるほか、スポーツチームの会長としてチーム育成をはじめとし、スポーツ環境整備に努めます。

県議会報告会の開催と「いわみ通信」の発行。

  • 定期的に県議会報告会を開催し、議会の状況、県政の状況をご報告申し上げますとともに議会・県政報告紙「いわみ通信」を発行し、議会・議員活動をご報告します。

滝沢市民憲章の精神と願いに立って思いの醸成に努力します。

  • 平成26年4月1日施行の滝沢市自治基本条例第四条「滝沢市民憲章」に謳われている一人一人が大きな夢を抱きながら、助け合い、地域の絆を築き、生きる喜び、楽しみを実感し、心豊かな生活の営みを目指しながら、次の時代を担う子ども達を地域活動を通じて育てて行くための実践者となる努力を致します。
ページ上部へ